金融機関のローンには様々な種類があります。
その中で、ブライダルや住宅の購入費用など、ローンの目的を特定のものに限定した目的ローンと呼ばれるものがあります。
目的ローンは用途が限定されている分、返済の金利を低く設定しているのが特徴です。
そのような目的ローンの中に、マイカーローンがあります。
マイカーローンはその名の通り、ローンの目的をマイカーの購入に限定しています。
現金で購入することが出来ない場合によく利用されるローンですね。
金利は通常2%から3%前後と、普通のローンに比べて大幅に低く設定されています。
また、融資限度額も600万円前後から多いところでは1000万円前後まで、ちょうど車の車両価格に合わせて金額が設定されているようです。
車は車両価格だけでなく、購入後はガソリン代や保険代、税金、さらにはメンテナンス代などもかかってきますので、その辺りも考慮しながらローンを組む必要があります。
また、金利は各金融機関によって違いますので、比較しながら、少しでも条件の良いところを探す必要があります。
車のディーラーなどでも特別金利でローンを設定している場合が多いので、金融機関の金利とディーラーの金利との比較も忘れてはなりません。
なお、お金を借りたいけどキャッシング借入する方法が分からない。どこで借りれる?と思った時にマイカーローンを組む場合には審査をパスしなければなりません。
仕事があり、多重債務になっていたり、返済不履行になったことがなければ、特に問題なく審査はパスすると思います。
しかし銀行などは多少審査に時間が必要な場合もありますので、真剣に車の購入を考えている場合は、早めに申し込むほうが良いでしょう。


良く聞く利息って結局何だろう

お金の貸し借りをする時に「利息」という言葉を耳にする事がありますが、なかなかそれが何か分からないこともあるのではないでしょうか。 ですが、やはりお金に関する言葉はしっかりと知っておくのが重要です。 そうする事によってうまく活用出来る事、そして余計なトラブルに巻き込まれずに済みます。 では結局利息とは一体何なのでしょうか。 これはお金を貸し借りする時に発生する対価の事を言います。 借りた側は貸してくれた側に対してそれを払うことになるのですが、その金額は貸し借りする両者の合意の元に成り立っていると言って良いでしょう。 ただどこでお金の貸し借りをしたとしても借入額に対して同じ割合払う必要があるわけではなく、金融機関等によっても違ってくるのでどれくらいの金額になるのかを事前にしっかりと調べてから利用するのが重要です。 特にお金を借りる場合、借入額が少なければそれ程大きな負担になる事はないのですが、ある程度まとまった金額を借り入れた場合はどれくらい支払う必要があるか調べるようにしましょう。 また借入額だけでなく、返済までの期間も合わせてチェックするのが重要です。 借金をする場合は、返済までの期間によって返済総額が変わってきます。 ちなみに、利息と同じ意味の言葉で利子というのがあります。 一般的には同じなので使い分けなくても大丈夫なのですが、前者はお金を貸した側が得る物、後者はお金を借りた側が貸した側に対して支払う物という感じで使い分けるのも一般的です。